読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさみん。

いつもきらきら輝いていたい。陰キャコミュ障が心に余裕のある女性らしい大人を目指すブログ。

広告

習い事はたくさんやるべき??小学生の頃に短く多く習い事をやって気付いた事。

日々

 

こんばんは、やさみんです。

f:id:ponopono55:20160507234242j:plain

最近、東大生は小さいころにピアノを習っていることが多いという話がテレビでありましたね。この番組を見て、自分の子どもにもピアノを習わせれば頭がよくなるのではと考えたお母さんも多いはず。

 

m3q.jp

ちなみに私もピアノは6年間習っていました。

でもピアノを習っているから頭が良くなるのかというと、それは違うと思います。

高学歴でももちろんピアノを習っていない人もいます。

 

私は習い事を数多くやってきました。

私が小学生のころまでにやった習い事。

  • エレクトーン
  • ピアノ
  • どらゼミ
  • 日能研の通信教育
  • 某大手塾
  • 空手
  • 作文の通信教育

 

ほかにもいくつかあったかもしれません。

でも、ピアノ以外はすべて二年以内で辞めてます。

かなり飽きっぽい人間なもので……

ずっと習い事を続けていて高校のときにインターハイに出たり、大きな大会に出ているひとたちをすごく尊敬してます。私にはできない。

 

飽きっぽい=いろんなことに興味を持てる

f:id:ponopono55:20160507234458j:plain

そんな私でも、数々の習い事をして得られたものがあります。

それは各々の世界の知識が得られ、話題が広がること。そして考えかたが固定されず、柔軟になることです。

ひとつのことを長く続けていると、どうしてもその道の常識が染みついてしまいます。まだ考えが柔軟な子どものころに様々な世界に飛び込んでみることは、その固定概念にとらわれすぎることを防ぐことになると思います。

 

結局、子どもの好きなようにやらせていいんじゃない??

本当にその習い事が好きなら続けるのがいいと思います。才能があるのならなおさら。

でも習い事が続かないからって落ち込むのは違うと思います。それがあなたの良さだから。一度やったことのある習い事ならば、大人になって趣味として再スタートするハードルも低くなるだろうしね。

 

究極、塾も子どもの好きなようにやらせればいいと思います。子供に勉強する意欲がなければ、塾に行かせても結果は同じです。子供にやる気を出させることができるような講師でもいなければ。子供だって勉強の必要性がわかれば自発的に勉強するようになります。

それがなかなか難しいんですよね。それについてもまた後日書きたいと思います。

 

最近子どもを東大京大医学部に入れる小学生からの子育て方法なんて流行ってますが

そんなものに正解なんてないんじゃないか、と思う今日このごろです。

 

スポンサーリンク