読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさみん。

いつもきらきら輝いていたい。陰キャコミュ障が心に余裕のある女性らしい大人を目指すブログ。

広告

好きなものと似合うものは違うっていう話

 

中学高校とほとんど私服を着ない期間が続き、

メイクにも興味をもたないティーンズを過ごしたやさうみです。

 

高校時代は原宿系ファッションに憧れていた


きゃりーぱみゅぱみゅちゃんみたいなきらきらで派手なファッションに憧れていました。

でも田舎では(やさうみは実家も田舎)こんなファッションできねえ!と思って諦めていました。

 

代わりに紫と水色のボーダーのフチおおきめメガネを愛用。

今考えたらなかなかすごいメガネかけてたな。

 

レインボーのジッパーがついたペンケースも使ってました。

私が席を外したすきにすべてのジッパーが開けられていたのは言うまでもない。

 

大学時代

 

毎日私服で登校するようになると、

その人に似あってかわいい!と思うときは私も褒めるし、褒めてくれるようになります。

 

そこで私の場合

ビジューがついたかわいらしいカーディガンとか

きれいめのスカートが好きだったんですが

 

友人「やさうみ、足まっすぐでキレイなんだから、もっとジーパン履きなよ!」

 

とか

 

友人「黒のVネックとかYシャツ似合うよね」

 

と言われたので

あ、私ってパンツとかシャツのほうが似合うのかな??

と気づきました。

 

買う服の系統を変えてみた。

 

そこから、買う服の系統を

スカート×カーディガンなどのきれいめ→パンツ×Yシャツなどのかっこいい系

にシフト。すっきりしたかたちのチェスターコートも買いました。

 

髪型もばっさりワンレンボブにイメチェン。

石原さとみさん風から水原希子さん風にイメチェン。()

 

すると不思議と

「なんか最近色気でた!」「オーラめっちゃ出てきたね!」

とめちゃめちゃ褒められるようになったんです。

 

そのかいあってか、学年いちのイケメンとお付き合いすることもできました。

諸事情で別れちゃったけど、中身も外見も素敵なひとでした。

 

結局

 

好きなものと似合うものは違うなって思いました。

今でももちろんかわいいもの大好きです。

だから服装はかっこいい系だけど部屋はプーさんもテディベアもいるし

近々ベッドカバーもピンクに変えてやろうと思っています。(ギャップ)

 

見せ方を変えれば人は印象がガラッと変わるものです(*^^*)

 

あなたは自分に”似合う”髪型、服装ですか??

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク