読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさみん。

いつもきらきら輝いていたい。陰キャコミュ障が心に余裕のある女性らしい大人を目指すブログ。

広告

人見知りの原因と対処法。自分にベクトル向きすぎてない??

 

中学時代は人見知りすぎて

成人式の同窓会でクラスメートに

「中学時代やさみんが口を開いているところをみたことがない」

といわれるレベルの私でしたが

最近、人見知りが改善されつつあります。

 

なぜかって?

 

私が人見知りをしている原因がわかったからです。

 

 

人見知り=自分にしか興味がない 

f:id:ponopono55:20160913220449j:plain

いきなりなかなかきついことを言うようですが、

人見知りのひとって結局自分のことにしか興味がないんですよ。

 

自分をいいように見せたい。

カッコ悪いところを見せたくない。

自分の趣味や本当の性格に自信がなくて周りに話したくない。

会話をして自分のせいで空気を壊すのが嫌。

自分のせいにされたくない。

相手に嫌われたくない。

etc...

 

どれかにあてはまりませんか??

 

何を隠そう、私もそのひとりでした。

 

見た目だけはマジメですこし上品に見えるらしいので(友達談)

ジャニヲタであることも、実は結構ガサツなことも隠していました。

趣味はすべてツイッターのつながりのみ。

でもそれってやっぱり寂しいです。

 

まわりはそこまであなたのことを気にしていない

f:id:ponopono55:20160913220657j:plain

別に見た目と中身のギャップがあろうが、少々の失言をしようが

相手はさほど気にしません。

むしろギャップが親近感をもってもらう結果になることも。

いちいち気にするようなひととは関わらなくていいと思います 笑

 

でも、本当に失言をしたのならすぐに謝りましょうね。

 

 

気が合う人は合う、合わない人は合わない

f:id:ponopono55:20160913220849j:plain

昔はみんなに好かれようと思ったものです。

でもみんなに好かれるひとなんていません。価値観なんてひとそれぞれ。

気が合う人は合うし、合わなければ無理に付き合い続けていく必要はないです。

 

広告

   

もっと相手に目を向けよう

f:id:ponopono55:20160913221014j:plain

私の悩みは友達ができないことでもありました。

 

でも頑張って話題を振ったり

自分の趣味を暴露したりしていたら

同じ趣味の友達ができたり、声をかけていただく機会が増えました。

 

ポイントは、相手をもっと知りたい!という気持ち!!

 

相手も、私がどんなことが好きかわかれば話題を振りやすいですよね。

 

もしかしたら、人見知りのあなたに話しかけたいと思っているひとがいるかもしれませんよ(*^^*)

 

 

 

広告

   

 

運動嫌いを運動大好き人間に変えたクロスバイク。

自分磨き・美容

 

 

ダイエットしているわけではないんですが、現在自分のなかではベストスタイルをキープしています。

毎日クロスバイクで30分~1時間のサイクリング。部活の自主練は積極的に参加。

自分でも気持悪いくらい運動が大好きです。

 

 

で、運動が大好きになったらあとからスタイルがついてきた。ラッキー!!

二か月で4キロ近く痩せました!

 

 

 

運動音痴、運動嫌い

f:id:ponopono55:20160911113520j:plain

そんな私も大学に入るまでは大の運動嫌いでした。

特にマット運動は苦痛でしたね……

 

自分で演技の構成を組んで発表するテストがあったんですが

側転、ロンダートみたいな華やかな技ができるはずもないので

前転、前転、開脚前転、後転、V字バランス!!!(開脚はできた)

みたいな構成組んで周りに爆笑された記憶が……ははは

 

 

 

そんな私でも、運動がだいすきになった

f:id:ponopono55:20160911113647j:plain

きっかけは、憧れの美人の先輩がかっこいいクロスバイクに乗っていたこと。

それをみたときに

「やばい!あんなふうに颯爽と街を駆け抜けてみたい!かっこいい!!!」

と思い、その後一か月バイトのシフトに入りまくってクロスバイクを買ってしまいました。

広告

   

予想外の展開

f:id:ponopono55:20160911113833j:plain

クロスバイクは当初は完全に見た目がかっこいいという理由だけで買いました。

すると予想以上にまわりにクロスバイクを褒められ

それがうれしくて

以前まであまり行かなかった部活の自主練に積極的に参加するように 笑

 

自主練に参加すれば先輩にアドバイスをもらうのでうまくなりますよね!

そこでどんどんポジティブな連鎖が続いていったのです。

 

 

 

勢いって大事

f:id:ponopono55:20160911114004j:plain

そんな私もクロスバイクを買うまでは

「私みたいな明らかな運動音痴がクロスバイクなんか乗って浮かないかな……」

なんて余計な心配をしていたのですが 笑

 

乗ってみれば話しかけてくれるひとが増えました!

私もクロスバイクに乗るようになったので予備知識が増えて

他にクロスに乗っている先輩や後輩との話題が増えてとてもうれしい。

 

クロスバイクを買ったことで憧れの先輩に近づけた気がして

私の気分が前向きになったこともあるのかな?

今考えたらなんてしょーもない心配をしていたんだって思えます。

 

 

 

なんでも思いついたらやっちゃえ!

 

まだまだ未経験のことはこの世の中にたくさんあるし、

そのおかげでまた新しい自分が発見できると思うとわくわくしますよね!

 

もしかしたら私みたいに運動音痴でも運動が大好きな自分に出会えるかもしれませんよ~!

 

 

 

広告

   

無表情人間と言われた私が感情を取り戻すまで

 

無表情女といわれた中学高校時代

f:id:ponopono55:20160909234122j:plain

中学時代、クラスメートに”無表情女”と言われたことがあります。

私の目は細く愛想がなくて死んだ魚のような眼とよく言われてました。

一応二重ではあるけれども、二重の良さを生かしきれないほどの目つきの悪さ。

自分でも無表情さを自覚してはいましたが、コトバにされるのは結構胸に刺さるものがありました。思春期だったし。

 

中学生時代はいつも背中を丸めて下を向いて歩いていました。

自分に自信がなくて、誰にも自分の存在を気付かれたくなくて。

自分の目つきの悪さも、うまく笑顔をつくれないこの顔も、エラの張ったこの輪郭もすべてが嫌いで。

誰よりも早く下校して自分の家に引きこもっていた気がします。

いわゆる不登校予備軍だったんでしょうけど

不登校になる勇気も持てず。

ただひたすら自分のコンプレックスを隠そうとしていた中学高校時代でした。

 

 

 

大学受験が少し勇気を与えてくれた

f:id:ponopono55:20160909234250j:plain

高校はそれなりの進学校に通っていましたが、成績は悪かった。

とてもじゃないけど、今通っている大学に受かる実力はありませんでした。

でもその大学受験を乗り越えたことが、自分の自信につながった。

今まで習い事もなにもかも中途半端だった私が初めて大きな成功体験をした日でした。

 

それも手伝ってか、今まで6年間バリバリの文化部だった私は

自分を変えなければと運動部に入ることに。

 

広告

   

 

素晴らしい同期との出会い

f:id:ponopono55:20160909234441j:plain

初対面での彼らは正直言うと、怖い存在でした。

私と違ってムードメーカーでキラキラしていて、到底私が付き合っていける相手ではないと。

でも今までのまわりの人たちと違って、私がどんなに拒否反応をみせても

ぐいぐい絡みに来る。

私が何かできるようになると褒めてくれる。

一人ぼーっとしてると声をかけてくれる。

休日で私が断っても何度も遊びに誘ってくれる。

 

他人なのにどうしてそこまで気にかけてくれるんだろう

何か裏があるんじゃないかと考えていました 笑

 

でもその同期たちと数年過ごしていく中で

「表情が柔らかくなったね」

と言われる機会が増えてきたのです。

 

そのあともデートのお誘いがきたり、先輩から飲み会のお誘いが来たり……

自分の環境が確実に変わっていくのを肌で感じました。

 

 

 

私が伝えたい事

私は今、数年前には考えられなかったほどの青春を過ごしています。

直接は恥ずかしくてなかなか言えないけど本当に大好きな同期に感謝です。

 

それも、あの時大学受験を頑張ろうとしていなければ彼らには出会わなかった。

自分の少しの勇気が人生を大きく変えるきっかけにもなるかもしれない。

 

以前よりも笑って泣いて、ときには怒ったりもします。

でも一番大切なのは笑顔。

 

私が同期のおかげで救われたように

このブログを通して

同じような悩みを抱えている人の助けになれればいいな、と思います。

 

 

広告

   

私がブログを書く理由。

 

今日小林麻央さんのニュースで

ブログの記事が流れているのをみていたおばあちゃんが

『今の時代のひとは、こんなに自分の気持ちを公に出すもんなんだねえ』

と一言。

 

昔はいろんなことを思っていても表に出さずに心の中にしまっておくのが

よいこととされていたそうです。

今の時代はその点で自己表現する場がたくさん準備されていますよね。

デメリットももちろんありますが、うまく利用すれば大きなメリットになる。

ブログも自己表現の手段のひとつです。

 

 

 

ブログを何のために書いているのか

f:id:ponopono55:20160905181520j:plain

過去の記事を見ていただくとわかるように、私のブログはテーマがぐちゃぐちゃです。

その日思いついたことを記事にしたり

読んだ本の感想を書いたり。

長い期間続けている割に記事の本数が圧倒的に少ないので方向性が全く定まっていないです。

 

 

 

文字に起こすことで自分を客観的にみるため

f:id:ponopono55:20160905181644j:plain

私がブログを始めたきっかけの一つです。

始めた当時は入ってくる情報や感情が多すぎて

自分の心の整理をしようと思って書き始めました。

 

長く読まれている記事もそういった記事が多いかもしれない。

『自己肯定感』とか『失恋』に関する記事がよく読まれています。

失恋の記事よく読まれてますけど……みんなイケメンでヒットしたのかな……笑

 

私の記事はだいたいこのために書いていることが多いですね。

とにかく書きだしてコトバにすることで

自分は今こんな考え方をしているんだと客観的にみれるんです。

 

ponopono55.hatenablog.com

 

 

ponopono55.hatenablog.com

 

 

広告 

   

情報発信の練習

 

f:id:ponopono55:20160905181727j:plain

今の時代は情報発信だ!

と母に言われまして 笑

その練習としてもブログを活用しています。

 

私の母は最近子育てに関するビジネスを立ち上げて

ブログやセミナーをすることで収入を得ています。

 

その母が言うには

『自分が知識を持っているだけじゃダメ。もっと発信していかないと!!』

らしいです。

 

情報発信をする力も身に着けていきたい。

 

 

 

ただのネタ

f:id:ponopono55:20160905182008j:plain

 

少し前に書いた、樋口君の記事や友達の結婚の話の記事がそうですね。

たまにはふざけたい。しかし毎日は書けない。

だって笑いの神様って突然降りてくるものでしょ……??

 

ponopono55.hatenablog.com

 

 

 

 

これからどうしていくか

 

方向性が定まったらいいなと思っているのですが

まだまだ書く量が少ないので先のことになりそう。

 

まずはもっと頻度を上げたいところ。

どこまでいけるかわからないけど

せめて一か月に15本は書きたいですね。

あとは過去記事のリライト!

 

10月はまだ時間に余裕がありそうなので

もっと更新するぞ~

 

広告

 

 

 

なにも予定がない日が私には必要です。

 

本当に一日中予定がない日。

 

その日に思いついて旅にでちゃうアクティブなひと

あるいは一日中家にひきこもってゆったり過ごすひと

いろんな人がいると思うんですが

私は圧倒的後者です。

 

 

 

まず、朝起きて掃除をする。

f:id:ponopono55:20160904200316j:plain

断捨離してから床や棚の上の物たちがすっかりなくなったので

掃除がしやすくなって、掃除が習慣化されました。

 

まずウエットティッシュで棚の上、机の上を拭いてから

床全体に掃除機をかけます。

 

ついでに本や物で要らないなーと思ったものは手放す。

 

断捨離を始めてから、自分に必要なものを見極めるようになって

自分の感性とか感覚というものに敏感になりました。

 

いるものはいる!いらないものはいらない!

本当に必要になったらまた買えばいいんです。

 

 

 

ゆっくり昼寝。

 

f:id:ponopono55:20160904195956j:plain

昼ごはんを食べた後、眠いときは寝ます。

寝るのが大好きなんですよね~

何にもない日くらい欲望のままに寝たい。笑

 

風通しの良い部屋に住んでいるので

窓を全開にして扇風機を回して

カーペットの上で大の字で寝る。最高。

 

広告

 

 

 

晩御飯まで読書。

f:id:ponopono55:20160904195801j:plain

2時ごろにゆっくり起きて読書開始。

 

前日に3冊ほど本を借りてきていたので

コーヒーを淹れて

youtubeの作業用BGMをかけながらゆったり読書。

 

ボサノバ系がなかなか雰囲気がでるのでオススメ。

 

 


作業用BGM!ボサノバBGM!カフェMUSIC!勉強+集中用にも!のんびりした時間を!

 

お風呂は湯船につかる。

f:id:ponopono55:20160904200118j:plain

普段バタバタしている日はシャワーだけで済ませるんですが

時間があるときはゆっくり湯船につかります。

 

湯船につかると冷え性防止、疲労回復などの効果があるらしいです。

 

 

 

瞑想する。

f:id:ponopono55:20160904195303j:plain

夏休みに入ってから阿字観体験をする機会があって

すっかり瞑想にハマってしまいました。

 

本当は半跏趺坐(はんかふざ)や結跏趺坐(けっかふざ)という座り方で

瞑想をするそうなんですが(画像はおそらく半跏趺坐)

股関節が硬すぎて胡坐で5分くらい瞑想してます。

やろうとする気持ちが大事なんだ……!

 

雑念が浮かんだら、それを考えずに客観的に見つめ

水に流すように見守る。

雑念が浮かんだときに自分の体に起きた現象を客観的に感じる。

(『あ~今ドキドキしているな~』とか『緊張してるな~』と他人事みたいに受け流す感じです)

 

これがなかなか難しいんですよね!雑念多いから私!←

 

瞑想をすると不思議と深く眠れるんですよね。

今まで寝つきが悪かったのは寝る前に雑念を持ち込みすぎてたせいだったのかも。

 

 

 

まとめ

これが最近の私の一日予定のない日の過ごし方です。

こうしてみるとあんまり大学生っぽくないですね……

友人から仏系女子といわれる理由はここからきているのかもしれない。笑

 

でもこういう日が最低でも月一くらいはほしくなる。

 

あなたの一日予定がない日の過ごし方も教えてください(^^)/

 

広告

   

中高クソダサだった私が、はじめてネイルサロンに行きました。

自分磨き・美容

 

中高とおしゃれに全く縁のなかった私。

服は母親セレクト。髪型もいつもおなじキノコカット。

寝癖はそのまま。そしてメガネ。

今考えると本当に引くレベルでダサいです。笑

このあいだ中学時代の自分の写真見てガチで引いた……ダサすぎて。

 

そんな私が大学に入ってそれなりに見た目を気にするようになり

ついにネイルサロンに足を踏み入れてしまいました…!

f:id:ponopono55:20160903213705j:plain

※私のなかでのネイルサロンのイメージ図

 

行く前に緊張しまくる

サロンの予約を入れた後で

私みたいな芋女子大生がいきなり入っても大丈夫かと無駄な不安に煽られる。(ただのコミュ障)

 

入ると暖かい笑顔でお姉さんが迎え入れてくれる。ネイルサロンは私にも優しい。 

 

ネイルケアをしてもらっている間

多すぎるカラー見本を前に固まる私に

さりげなくお姉さんがおすすめのカラーを教えてくれました。

 

選んだのは一番自爪に近いベージュピンク。

 

 

 

ネイルケアに5000~10000円は高い?

施術時間は2時間ほど。

たかが爪に5000円なんて思うかもしれませんけど(前まで思ってましたごめんなさい)

あの技術と集中力を2時間も続けることを考えたら

5000円でも安いんじゃないかと思いました。

 

初めてでも素爪のキューティクルの処理や甘皮の処理をしっかりしてから

ジェルを載せるのでそれまでも結構な手間。

 

ゆっくりした時間のなかでネイリストさんと世間話をしながら

自分のメンテナンスをするのもいいかもなあと思いました。

 

手というのは普段一番自分の視界に入るものなので

ネイルがキレイだとすごくテンションが上がりますし

なんだかデキる女になった気がしてくる。

 

 

 

初心者におすすめはベージュ系!

やっぱり肌馴染みがいいのはベージュ。

私は今回自爪に一番近い色のグラデーションにして

薬指のみストーンをちょこっとつけてもらうシンプルなものにしました。

ベージュなら手もキレイに見えますよ~!

 

 

 

 

まとめ

爪を手入れすることは自分でもできますが

やっぱりプロのネイリストさんにしてもらうのとは全然違います!

持ちもいいし、なによりキレイでかわいい!!!

 

たまにはネイルサロンで贅沢な時間の使い方をするのもいいなあと思ったのでした。

ちゃっかり次の予約もしちゃったよ。

 

広告

 

 

チームを引っ張るのではなくて、整えるリーダーに。

 

私が地元のブックカフェに立ち寄ったときふと手に取ったのがこの

心を整える。

 

過去記事にも書いたようにキャプテンに指名されてちょうどロールモデルがほしかったところなので読んでみました。

 

ponopono55.hatenablog.com

 

この本では、南アフリカ・W杯でゲームキャプテンを務めた長谷部選手が

チームをまとめていく上で気を付けていること、普段の心がけなどを具体例を交えながら書いてあります。

もちろんリーダー、勝利などにこだわらないひとでも読めますよ!

 

今回私がこの本を読んで気になった言葉たち。

 

僕はずっと自分が取り組んできたスタイルを変えず、なるべく全体を客観的に見まわして、チームに足りないことを探し、チームを整える存在であろうと思った。 

 長谷部選手はみんなを引っ張っていくというより、チームを客観的に見ることを心がけていたそうです。

 

また、こんな風に表現もされています。

グループ内の伝達役になる。

 実力があってみんなをぐいぐい引っ張ってこそリーダー、というイメージを勝手に持っていたけどこんなチームへの関わり方もあるんですね。

 

 

普段の生活のなかで心がけていることも。

僕が気が付かないだけで、日々の生活は頑張っている人々の姿であふれているのだと思う。自分のことでいっぱいいっぱいにならず、そういう姿に気が付ける自分でありたい。 

 なんというか、すごい。

自分も相当努力をしているのに、常に周りに目を向ける姿勢。見習いたい。

 

他にも、読んでいてはっとさせられる言葉が隅々にちりばめられています。

 

チームの方向性も、自分のキャプテンとしてのスタンスも迷っていた私に

ヒントを与えてくれた本でした。

”チームを客観的に見まわして、チームを引っ張るのではなく整えるリーダー”

またひとり、理想のリーダーが増えました^^

もう一回読み直したいなあ。

 

 

 

広告

 

スポンサーリンク